臨済宗建長寺派 萬松山 崇禅寺
臨済宗建長寺派 萬松山 崇禅寺


  萬松山崇禅寺
 崇禅寺は、織物の街桐生の西の山間、小倉の里に元久二年(1205)法然上人の弟子智明上人(桐生小倉の人、園田太郎成家)により開創され、その後南北朝の中頃、応安三年(1370)には、鎌倉大本山建長寺第四十五世東伝士啓禅師により、臨済宗の禅寺として開山されその長い歴史と法灯を今日に伝えている。この地方では「阿弥陀様の寺」として知られる古利であります。


2014年5月23日
パソコンの修理等も終わり、やっとホームページに辿り着くことができました。これからもよろしくお願い申し上げます。

:2013年1月1日
あけましておめでとうございます。今年も一年よろしくお願い申し上げます。本年は震災からの復興も無事終わり、いよいよ例年通りにすすめていけそうです。崇禅寺では様々な行事を通して心の気付き、仏教の素晴らしさを味わっていただきたいと思い、今年一年努力していく所存です。よろしくお願いいたします。


:2012年9月1日
以前から懸案であった墓地の造成工事が無事に終了しました。震災に阻まれながらもここまでこれたことに関係各位に感謝いたします。場所は早くご縁をもっていただいた方からのご案内になりますので、是非この機会にご結縁のほどよろしくお願い申し上げます。詳しくはお電話いただければ幸いです。


:2012年6月21日
台風4号が日本列島を縦断し、崇禅寺にも少々の被害がありました。枝や木がたくさんおちました。しかし、もっと被害が出たところもあったようでこころよりお見舞い申し上げます。できれば天災は少ないにこしたことはないのですが…どうか一日も早い復興を祈念しております。


:2012年4月28日

昨年東日本大震災の影響で中止させていただいた、自然に親しむ集いが本年は開催させていただくことになりました。いまだ震災の傷跡が残る境内ですが、皆様をかろうじてお迎えできるところまで修復できました。これも檀信徒の皆様やご支援いただいた多くの方々のおかげでございます。誠にありがとうございました。もう少しですべての修復が終わります。もう一息…頑張ります。


:2012年1月10日
新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。昨年は大きな事変や事故がありました。手に手を携えて歩んで行こうとおもいます。皆様の応援よろしくお願い致します。


:2011年12月21日
今年度の七草かゆ会は東日本大震災の影響などを勘案して七草かゆ会は中止とさせていただきます。もう少し復興までにお時間をいただきたいとおもいます。何卒ご容赦していただきますよう伏してお願い申し上げます。

:2011年11月26日
今年の秋は行事目白押しで、てんてこ舞いでした。四頭茶会、守る会35周年講演会、燈花会と盛会のうちにおわりました。残るはグランドゴルフ大会です。こちらも無事に終わりたいものです。多くの出逢いに感謝しております。


:2011年8月20日
お盆も終わり少々ホッとしているところでした…が本堂正面の大松の一番太い枝が降雨と地震などが重なったせいでしょうか、折れて落下してしまいました。幸い建物や境内施設などはたぶん無事ですが、私だけでは手の施しようがなく呆然としてしまいました。昨今地震や雷、豪雨と自然災害が多発しており、自然との共生を標榜しているところですが、自然の力の大きさに驚き、また人間の力の小ささに愕然としております。しかし、大勢の方の協力もいただき、鐘楼や山門も時期に修復が終わりそうです。もう一度ここで気を引き締めて頑張って行こうと思います。これからもどうか皆様温かな眼で見守ってください。


:2011年4月25日
今年も子供の日5月5日に恒例の第三十四回崇禅寺の自然に親しむ集いを開催致したく努力して参りましたが、大震災の影響多大につき断念せざるを得ませんでした。特に鐘楼の被害がひどく、見た目にはたいしたことがないように見えますが、基礎が傾き地盤が少し沈下していて復旧の見込みを模索中です。その他屋根等もいまだブルーシートがかかったままで、なかなか思うように復興できませんが、必ずせめて元のようにはしたいと意気込んでおります。しかし、東北地方の被災者の方々からすればまだまだ贅沢なことを言っていると思われるかも知れません。ここに被災者各位共々いち早い復興を願っております。合掌。


:2011年3月11日
東北地方太平洋沖地震が発生しました。この桐生も震度6を超え、私も今まで体験したことのない大きなゆれで瓦がたくさん落ちました。塀も割れたり一部破損してしまいました。これから明日にかけてもっと被害が判明するとおもいますが、いたるところに細かい被害があると思われます。屋根が落ちたのでとりあえずブルーシートをかけて今夜は凌いでいます。テレビではものすごい映像が流れていますが、すべて事実だとすると、本当にまたいつこうなるのかと思うとなかなか落ち着きません。余震も多く不安な夜になると思います。もっともっと大変な被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。一刻も早い復旧を願っております。


:2011年11月26日
今年の秋は行事目白押しで、てんてこ舞いでした。四頭茶会、守る会35周年講演会、燈花会と盛会のうちにおわりました。残るはグランドゴルフ大会です。こちらも無事に終わりたいものです。多くの出逢いに感謝しております。


:2011年8月20日
お盆も終わり少々ホッとしているところでした…が本堂正面の大松の一番太い枝が降雨と地震などが重なったせいでしょうか、折れて落下してしまいました。幸い建物や境内施設などはたぶん無事ですが、私だけでは手の施しようがなく呆然としてしまいました。昨今地震や雷、豪雨と自然災害が多発しており、自然との共生を標榜しているところですが、自然の力の大きさに驚き、また人間の力の小ささに愕然としております。しかし、大勢の方の協力もいただき、鐘楼や山門も時期に修復が終わりそうです。もう一度ここで気を引き締めて頑張って行こうと思います。これからもどうか皆様温かな眼で見守ってください。


:2011年4月25日
今年も子供の日5月5日に恒例の第三十四回崇禅寺の自然に親しむ集いを開催致したく努力して参りましたが、大震災の影響多大につき断念せざるを得ませんでした。特に鐘楼の被害がひどく、見た目にはたいしたことがないように見えますが、基礎が傾き地盤が少し沈下していて復旧の見込みを模索中です。その他屋根等もいまだブルーシートがかかったままで、なかなか思うように復興できませんが、必ずせめて元のようにはしたいと意気込んでおります。しかし、東北地方の被災者の方々からすればまだまだ贅沢なことを言っていると思われるかも知れません。ここに被災者各位共々いち早い復興を願っております。合掌。


:2011年3月11日
東北地方太平洋沖地震が発生しました。この桐生も震度6を超え、私も今まで体験したことのない大きなゆれで瓦がたくさん落ちました。塀も割れたり一部破損してしまいました。これから明日にかけてもっと被害が判明するとおもいますが、いたるところに細かい被害があると思われます。屋根が落ちたのでとりあえずブルーシートをかけて今夜は凌いでいます。テレビではものすごい映像が流れていますが、すべて事実だとすると、本当にまたいつこうなるのかと思うとなかなか落ち着きません。余震も多く不安な夜になると思います。もっともっと大変な被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。一刻も早い復旧を願っております。



:2011年2月9日
節分も終わり皆様いかがお過ごしでしょうか。最近雨がまったく降らずに困っております。雨ばかりでも困ってしまいますが、まったく降らないと木々がかわいそうになってしまいます。自分自身で水が飲めませんから環境が変わると命も変わる、つまり死を意味します。エコと騒がしくなってから久しいですが、本当に大切なことと実感します。人間も環境のいち部分ですから。これからも大切にしていきたいと思う今日この頃です。


:2011年1月1日
明けましておめでとうございます。今年も皆様のおこころを向けていただいて無事に過ごせていければとおもいます。ご縁の皆様のご健勝を祈念しております。
七草かゆのこ゜祈願札受付中です。


:2010年12月14日
七草かゆ会の受付をホームページでも受け付けております。是非ご覧ください。また、紅葉の写真を撮って焼き増ししてくださった多くの方々にこの場を借りて深く御礼申し上げます。最近、ご相談にお見えになる方が多くなりました。ただお話しを聞くだけですが、お電話でお約束をいただければ幸いです。是非お気軽にお出かけください。

:2010年11月1日
無事に研修道場にロールカーテンがつきました。雰囲気も変わり綺麗に景色を見せてくれます。篤いお心に感謝いたします。また、竹林の竹切りをしました。青年部有志の方のお手伝いをいただき無事に終了いたしました。ありがとうございました。今月22 23日には恒例となりました、燈花会(夜間拝観本尊御開帳)を行います。幽玄の景色のなか阿弥陀如来様に是非逢いに来てください。こころにあかりがともります。お抹茶お菓子付きで拝観できます。またもみじご膳も用意しております。電話予約で各日先着100名です。お急ぎください。

:2010年9月14日
研修道場のカーテンがだいぶ傷んでいたところ、檀信徒の蛭間宏さんよりご寄進をうけてロールカーテンになることになりました。今月一杯には工事終了の予定です。御来山の折には是非ご覧ください。建物も建立後二十数年経ちますといろいろと壊れてくるところがございます。本当に温かいおこころに感謝いたします。

:2010年7月7日
最近境内に猿が出て来る事がしばしばあります。危害はくわえてこないようですが、お気おつけください。また、施餓鬼会が例年とおり厳修いたします。早めのお申込をお願いいたします。

:2010年5月3日

いよいよ今年も自然に親しむ集いが開催いたします。なんと三十三回目を無事に迎えることができました。これも偏に毎年のように来て頂ける方をはじめ、守る会の役員様、お客様を笑顔で迎えてくださる檀信徒の有志の方々、お茶席をかけてくださる皆々様方と大変大勢の方々のお力添えをいただきまして実現できたことと感謝しております。お天気もよさそうな予報ですので是非とも新緑の風かおる崇禅寺にご参詣ください。前売り券はホームページからでもお申込できます。当日券も少々ございます。

:2010年3月28日
お彼岸廻りをさせていただきました。いくつかのご家庭で雛人形を見かけました。しまうのが勿体無いほどの可憐で凛々しい姿を拝見しました。こころがスーとしました。また、地デジの普及率もものすごくてほとんどのご家庭で導入されていました。
ウチもそろそろ考えないと…なんとなく寂しいものですね。

:2010年2月11日
節分もおわり…いよいよ春の足音が近づいてきたようです。梅、サンシュウ、桜などが次々と花開いていく季節…暖かくなりこころも躍ります。この美しい花は枝、幹、根などに支えられています。人も花開くとき、たくさんのひとやもの、こころに支えられています。花を見るたびにありがとうとこころで呟く今日このごろです。

:2010年1月1日
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いもうしあげます。一月七日には七草かゆ会がございます。是非のご参詣おまちしております。

:2009年12月16日
先月の燈花会も無事終了し大勢のお客様のご来山をいただき、本尊阿弥陀如来もたいへん喜んでいられるとおもいます。紅葉もきれいに散り誇っていました。幽玄の世界を是非またご覧になりにおいでください。いよいよ年の瀬です。皆様お身体に気を付けてお過ごしください。

:2009年10月16日
当山に深くご縁のある群馬官休会の二十周年記念茶会が、去る十一日に好天のもとに無事円成いたしました。大沢県知事をはじめ沢山のご来賓の方々、お家元をはじめお茶関係の方々、お忙しいなかご来山いただいたお客さま、おかげをもちまして盛会のうちおつとめさせていただきました。衷心より御礼もうしあげます。桐生タイムスや上毛新聞に記事が掲載されました。ありがとうございました。

:2009年9月19日

いよいよお彼岸です。秋のお彼岸は町外のお檀家様のお宅にお伺いさせていただきます。皆様よろしくお願いいたします。九月六日に行ったグランドゴルフ大会には大変多くの方々の参加をいただき好天のもと盛会におわりました。ご奉仕いただいた方にはご協力ありがとうございました。また、十月十二日には群馬官休会二十周年記念茶会を開催する運びとなりました。京都から千宗守家元をお招きしての記念茶会です。お献茶式もございます。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

:2009年7月22日
沙羅双樹の花もおわり、梅雨も終わったそうですが、まだまだ雨もやみそうにありません。池の錦鯉が原因不明の病気でほとんど死んでしまいました。折角持ってきていただいた方に大変申し訳なく思っております。また落ち着いたら鯉を放したいと思っております。いよいよお盆です、ご先祖への報恩感謝の気持ちを大切にお過ごしください。幸せ真っ只中の自分に気付くはずです。

:2009年6月5日
5月5日の自然に親しむ集いでは大変大勢のお客様にご来山いただき誠にありか゜とうございました。お天気が心配されましたがなんとか片付けまでもってくれました。お忙しいなかまた、ご遠方からのご参詣に心より感謝しております。

:2009年4月29日
いよいよ自然に親しむ集いが5月5日子供の日に実施する運びとなりました。毎年千人以上のお客様がご来山していただけます。自然に親しんでいただきおいしいお蕎麦や笹団子、ところてんなどで皆様の笑顔の為においしくおいしくしてお待ちしております。当日券もございますので是非遊びにおいでください。

:2009年3月8日
お久しぶりです。諸事情により更新が遅れてしまい失礼いたしました。またこれから一所懸命に頑張りますので応援してください。
梅が満開に咲き誇り、いよいよ散り際を迎えています。それと同時にサンシュウが黄色いかわいらしい花を咲かせはじめました。この木の太いものはまだ日本にそうはないそうですが、なかなかの木が山門のまわりにいくつもございます。遠くから眺めても淡い黄色がとても美しいです。是非ご覧になりにいらしてください。

:2009年1月1日

新年あけましておめでとうございます。今年もまた皆様とのご縁を大切に精進して参ろうとおもいます。何卒よろしくお願い申し上げます。

:2008年12月25日
いよいよ年の瀬ですね。皆様お忙しいと思いますが、いかがお過ごしでしょうか。大晦日には除夜の鐘、お焚き上げをおこないます。是非ご参詣ください。また、新年七日は七草粥会です。一年の無病息災を祈念して七草粥を食す行事です。こちらは報道関係の方もいらしてくださいます。エフエム群馬では生中継されますので是非お聞きください。また、祈願札のお申し込みを受け付けています。お申し込みお待ちしております。HP、電話、FAX等でお願いします。大勢のかたのご来山をお待ちしております。

:2008年11月29日
燈花会(夜間拝観御開帳)もお蔭様で無事におわりました。たくさんの方々のおかげで盛況に開催できました。もみじ御膳は先着の予約で受付ましたが、おかげさまで大変な人気でおことわりする事態となってしまいました。来年からはできるだけ大勢の方のお口に届くよう努力いたしますので、これからもよろしくお願いいたします。

:2008年10月8日

お檀家の神取憲治さまからご寄進いただいた『縁地蔵』(ゆかりじぞう)さまが六地蔵さまのとなりに安置されました。半跏地蔵で布く大勢の方々とのご縁を結んでくださるお地蔵さまとして建立させていただきました。参詣される方々にきっとよいご縁を授けてくださることでしょう。来山のときは是非おまいりしてください。

:2008年9月8日
先日第一回グランドゴルフ大会が盛会のうちに終了しました。檀信徒やご縁の方々と楽しい一日を過ごせました。実行委員会の方々のお力やご参加の方々の笑顔の力をいただいて元気がでました。第二回も実施の方向でこれから検討していきたいと思います。また、秋の彼岸経は町外を廻る予定です。よろしくお願いいたします。

:2008年7月26日
いよいよお盆が近づいてまいりました。檀信徒の皆様にはご案内が届いてるとはおもいます。塔婆供養のお申し込みはお手紙、FAX、HP、で受け付けております。なるべく早めのお申し込みをお願いいたします。

:2008年7月1日
花清さんから錦鯉をたくさんいただきました。社長のご趣味とのことですが、それにしても見事です。いろいろの種類がいるそうです。ありがとうございました。本堂の正面横に鯉の餌の箱を設置しました。お出での際は是非とも撒き餌でもしてください。かわいがってください。

:2008年5月29日
第31回自然に親しむ集いも好天のうちに無事に終わりました。天候のこととはい
え、順延になってしまい、多くの方々にご迷惑をお掛けしましたこと、この場をおかりしてお詫び申し上げます。燕が子育てしている今日この頃です。命の繰り返しはそれぞれに時間が違いますが、人間は永い方でしょうか。短いほうでしょうか。いずれにせよ与えられたこのいのち。大切にして、活かして過ごしたいものです。日々是好日。

:200
8年5月5日
本日の第31回自然に親しむ集いは雨天のため、6日に順延になりました。明日は快晴のようですので、よろしくお願い申し上げます。

:2008年4月15日
新緑が真っ盛りのなか、新しい命がつぎつぎに芽生える輝かしい季節が到来いたしました。第三十一回自然に親しむ集いもいよいよ迫り、準備に追われている今日このごろです。是非5月5日には崇禅寺にご清遊にきませんか…。すばらしい自然にふれて、活かされているありがたい命を感じてください。心を洗いにおいでください。お待ちして居ります。雨天の場合は6日の日曜日に延期になります。

:2008年3月9日
蝋梅の花の香りもおわり、いよいよ春が近づいてまいりました。梅、桜、山茱萸などが咲き誇る季節の到来です。お彼岸は地元のお檀家様のところにお参りにまいります。また花まつりや、開山忌、崇禅寺の自然に親しむ集いなどをこれから開催させていただきます。是非ご来山ください。特に山茱萸(さんしゅゆ)は大きい木が沢山あり、山門廻りが鮮黄色に染まります。是非ご覧下さい。

:2008年2月7日
週末の降雪が続いております。日陰にはまだ雪が残っています。雪が降ると喜ぶ人、ご苦労される方、いろいろな方がいらっしゃるようです。しかしながら、天候や天災は私たちにはどうすることもできないことです。すべてを受け入れて精一杯生きていく…そんな思いで雪のふる様子を見ていました。
三日は全国で豆まきの節句で、鬼は外ー 福は内ー と豆まきをされた方も多いと思いますが、逆に鬼は内ー 福は外ー と福はまわりの方々に、鬼はこちらで引き受ける。そんな掛け声で今年は豆まきしました。今年はどんな年になりますことやら…日々是道場。

:2008年1月7日
本日恒例の七草かゆ会を厳修いたします。早朝六時からの行事です。新年に七草かゆを食すと、その一年無病息災に恵まれると云われております。当日にいらしていただければ、どなた様にも七草かゆを振舞って居ります(お志をいただいております)。六時よりご祈願の儀式を行います。お粥は八時まで振舞って居ります。お札と破魔矢は当日受付はしておりません。お寒いですが、温かくしておいでください。本堂に受付がございます。

:2007年12月24日
いよいよ本年も終わりに近づきました。皆様はこの一年いかがお過ごしだったでしょうか。新年明けたときには、今年こそ…と意気込んでいましたが、いざ年末になると反省しきりで居ります。さて、新年あけますとすぐに七草かゆ会がございます。今年は諸事情により方法を変更して行います。御札は事前申し込みしていただいた方のみ受け付けます。ご祈願は六時からの一回のみになります。外ではお粥は振舞っておりませんのでご注意ください。それでは皆様よいお年をお迎えください。

:2007年11月29日
本尊阿弥陀如来御開帳も無事に終了致しました。多くの皆様の御参詣をいただき、本尊様も喜んでいらっしゃるお顔に見えました。かえでの色づきは暖冬の影響か、少々遅かったようですが、幽玄の雰囲気のなか、天候にも恵まれて、温かい甘酒や琴の音色、お抹茶席など、自然、文化、歴史、こころにふれていただけたと思います。またのご来山をお待ちしております。ありがとうございました。

:2007年11月12日
今月22日23日両日午後5時30分から午後9時まで、夜間拝観御開帳を実施いたします。 お抹茶や甘酒も振舞われます。また各日先着100名様に予約制でのお食事もご用意いたしております。ご予約はお電話かホームページのお問い合わせにて賜わります。両日ともあと少しの予約で満席になりそうです。あと少々の空席がございます。お急ぎのご予約をお願いいたします。また、献灯していただいた方にこの場から御礼させていただきます。ありがとうございました。


:2007年10月5日
来月22日23日両日午後5時30分から午後9時まで、夜間拝観御開帳を実施いたします。 古の詩情をたずねれば桜に勝る秋の紅葉  とございますように、紅葉のなか琴の音色に導かれ、本尊阿弥陀如来像までの小径を経て、お参りくだされば、こころ落ち着く一時をお過ごしいただけると思います。お抹茶や甘酒も振舞われます。また各日先着100名様に予約制でのお食事もご用意いたしております。ご予約はお電話かホームページのお問い合わせにて賜わります。

:2007年9月8日
台風9号が関東地方を直撃し、鋭い爪痕をのこしていきました。皆様のところにおきましては、被害がないことを念じております。お寺は強風の影響で落ち葉や小枝が散乱し、掃除が大変でした。今月16日は智明上人忌がございます。崇禅寺の開基であります。上人の御徳を偲び毎年執り行う法要です。皆様もご先祖に感謝する大変いい機会です。お彼岸月ですので、是非墓参していただいて、そのお心をご先祖に手向けたいものです。

:2007年8月5日
梅雨も明け、いよいよ夏真っ只中です。各地でお祭りや花火が開催されています。京都では今月16日に大文字の送り火が行われます。お盆にお帰りなった諸霊位が迷わず帰られるように焚かれる火です。いずれその世界に行かざるを得ない私達ですから、どうかこころを重ねてあの世のしあわせを願いたいものです。つまり冥福を祈るということです。新着情報ではなくなりましたが、お許しください。
8月14日に大施餓鬼会を厳修致します。お昼もございます。どうかお出かけください。

:2007年7月23日

晴れ間のほとんどない日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。最近とある方から、ストレスが…というお話をいただきましたが、人間思う様になるものや、ことがないという自覚をもつといいのでしょう。私ごとですが最近胸が潰れそうな思いや、心配ごとが重なりましたが、この教えによって楽になったようです。お互いどう仕様もないときが必ずあります。諦めではなく、最善を尽くして乗り越えていかなければならないのでしょう。皆様と供に頑張っていきたいとおもいます。


:2007年7月5日
いよいよお盆月です。旧暦では七月盆、新暦では八月盆ですが、全国的には八月盆が多いようです。崇禅寺では、八月十四日に御施餓鬼法要を勤めさせていただいています。御檀家の皆様には中旬にご案内を発送致します。御先祖の報恩に感謝する大切なお勤めです。是非ご参加お願い致します。

:2007年6月12日
いよいよ梅雨が近づきつつあります。紫陽花が誇らしげに咲き始めました。また、暖冬の影響か躑躅(つつじ)が満開です。赤、青、白、紅、紫、桃色など本当に綺麗です。是非ご覧になってください。懐石料理もご利用くださいますようご案内いたします。完全予約制です。ホームページかお電話でお願いします。

:2007年5月5日
本日、多くの方のお力添えを戴き無事に 第三十回崇禅寺の自然に親しむ集い が円成いたしました。沢山の御来山をいただきましたこと、心より御礼いたします。絶好の好天に恵まれましたことも本当に皆様のお心のおかげと感謝して居ります。ありがとうございました。

:2007年4月30日
新緑が真っ盛りのなか、新しい命がつぎつぎに芽生える輝かしい季節が到来いたしました。自然を守る会の三十周年記念事業もいよいよ迫り、準備に追われている今日このごろです。是非5月5日には崇禅寺にご清遊にきませんか…。すばらしい自然にふれて、活かされているありがたい命を感じてください。心を洗いにおいでください。お待ちして居ります。雨天の場合は6日の日曜日に延期になります。

:2007年3月29日
お彼岸も過ぎ去り、あたたかな季節が到来いたしました。春彼岸は村内を棚経させていただきました。境内では桃、枝垂桜、サンシュウ等きれいな花々が咲き誇っております。是非お写真でも撮りにいらっしゃいませんか。これから春爛漫です。新緑の5月ごろまで美しい季節です。心にも花を咲かせたいものです。

:2007年2月24日
投句箱のページが更新されました。昨年と新年のあたらしい俳句がのりました。是非ご覧下さい。

:2007年2月1日
厳冬の季節ですが、今までの中で一番暖かい朝かゆ会を行いました。今回は大勢の方々のご参加をいただきました。永くつづけるには、道(志)を同じにする友に恵まれるといいようです。今朝は、互いに助け励ましあうすばらしいご縁の方のお顔と出会えて、一寸幸せでした。

:2007年1月8日
七草かゆ会は無事に修行できました。これもひとえに皆様のお心のおちからと感謝しております。ありがとうございました。また当日にNHK、日本テレビ、TBS等で七草の様子が放送されました。

:2007年1月1日

新年明けましておめでとうございます。沢山の方々にご参詣いただき無事に除夜の鐘・御焚き上げを厳修できました。感謝いたしております。一日は年始受け、四日はお寺からの年始廻りです。七日は早朝六時から七草粥会を行います。是非お申し込みください。本年も何卒昨年以上のご愛顧をよろしくお願い申し上げます。

:2006年12月23日
大晦日に除夜の鐘・御焚き上げを厳修いたします。一年お世話になったお守り、御札、破魔矢等をお持ち下さい。ご来山の方に甘酒を振舞っております。夜遅いのでお気を付けていらしてください。

:2006年12月12日
いよいよ七草粥の会が近づいて参りました。御札、破魔矢、七草粥を召し上がっていただいて三千円にて申し込みを受け付けております。早朝六時からのお勤めです。七草粥を食して来年も一年健康に恵まれるように皆様供にご祈念いたしましょう。ご参加お待ちしております。
:2006年11月29日
夜間拝観御開帳は無事に終了致しました。沢山の方々にご来山いただき心より御礼申し上げます。あと一ヶ月少々で七草粥会を厳修いたします。是非おいでいただきますようご案内いたします。詳細は七草粥のページにて…お申し込みもページからどうぞ。

:2006年11月22日

本日より二日間夜間拝観御開帳を開催致します。お天気にも恵まれそうです。紅葉のほうもすっかり色づき赤ら顔で皆様をお迎えしております。ご来山をおまちしております。御献灯いただいた皆様に心より感謝いたします。本日甘酒も準備しています。御参詣頂いた方、皆様に振舞っております。

:2006年11月11日
『もみじ御膳』22日のご予約は満席となりました。23日分もおかげさまで満席となりました。沢山のご予約に感謝いたします。当日はお気を付けておでかけください。
:2006年10月28日
『もみじ御膳』22日のご予約は満席となりました。23日分は多少の空席がございます。なるべくお早いご予約お願いいたします。
:2006年10月26日
夜間拝観御開帳『ライトアップ崇禅寺』11月22・23日午後5時30分〜9時まで開催致します。昨年ご要望の声が多かった為、
御開帳特別懐石弁当『もみじ御膳』をご用意致しました。両日とも先着60名様のご案内になります。お電話か、メールでお申し込み頂けます。 一人前様1500円です。拝観入場券とあわせて2000円でのご案内となります。紅葉舞い散る崇禅寺へご参詣お待ちして居ります。
:2006年10月8日
環境整備が皆様の勤労奉仕により行われました。きれいになってお山も喜んで
います。
また、松浦正昭教授の講演も盛会のうちに終わりました。ご来山頂いた方々に
心より感謝いたします。また、次回もご案内いたします。
:2006年9月30日
桐生市立西高校の郊外活動で生徒18名が二日間にわたり、清掃活動に来て頂きました。お陰さまで境内が爽やかな風につつまれました。
:2006年9月15日

お檀家の安藤孝之様のご寄付により本堂用長椅子18脚が新添されました。
ありがとうございました。
:2006年9月13日
懐石料理无量庵の期間限定松茸懐石のご案内を追加しました。
:2006年9月7日
イノシシの被害軽減の為、お檀家の永井洋佑様の協力により『いのしかクン』というネットを竹薮に設置しました。ご協力ありがとうございました。

:2006年8月17日
9月20日から26日にかけて、秋彼岸棚経は町外地域を廻ります。よろしくお願いします。

2006年7月18日
8月14日に恒例の大施餓鬼会を厳修したします。
8月6日にFM群馬主催のホラーナイト公開生放送を崇禅寺でおこないます
稲川淳二さんが来山しました。盛会のうちに無事終了しました。
ご協力いただいたみなさまありがとうございました。
:2006年6月15日
投句箱のご紹介ページを追加しました。
御来山の際には皆様方も 俳句・短歌を投句してくださいお願いいたします
:2006年6月11日
无量庵のページに献立とお問合せ専用フォームを追加しました。
:2006年6月1日

崇禅寺WEBサイトオープン致しました。

:2006年5月5日
崇禅寺WEBサイト(仮)オープン致しました。


5月23日
第37回自然に親しむ集いが無事終わりました。ご参詣いただいた大勢の方々
に感謝しております。またお手伝いいただいた方々にもこの場をおかりして御礼申し上げます。

3月9日

東日本大震災から早一年が経とうとしています。いまだ震災の傷跡は癒えずにいます。半年ぐらいで復興できたらと思っておりましたが、残念ながら一年経ったいまもそれは叶って居りません。現在は塀工事を行っています。ずっと降らなかった雨も最近はよく降るようになり、工事も思うに任せません。ですが皆様と手をとって供に行く…そんな気持ちで前向きでゆっくりでも歩んでいこうとおもいます。

11月26日
今年の紅葉は例年より遅いようです。燈花会のころはちょっと早かったようで、今月いっぱい見れそうです。沢山のお客様に参詣いただき本尊さまもきっとお喜びだと思っています。来年の御開帳にもおおくのかたとの出逢いがありますように。

8月19日
最近自然災害などや体調不良などで、なんとなく心が下向きで生きてきてしまったように感じていたところ、群馬県庁を訪れたときに親切で笑顔の輝く方にお会いしました。お役所なんとかと申しますが、そんなことはなく心が爽やかになる明るい対応をしていただきました。そして、自分と向き合ったときにはたしてどうかと考えると…上を向いていこうとはまいりませんが、せめて真っ直ぐ前をしっかり向いて歩んでいこうと思いました。高橋さんの風が心を爽やかに吹き抜けていったひとつの出来事です。ありがとうございました。

12月13日
燈花会も無事おわり、紅葉も散り冬の足音がどんどん近くなってきました。下野戸先生の箏コンサートも盛会のうちに幕を閉じ、上毛新聞様に掲載されたためか、遠くからの参詣者が沢山お見えになり、大変うれしくおもっております。いよいよ年末年始がすぐそこです。七草かゆ会もまた、皆様のお力添えで無事に円成したいとおもいます。お身体に気を付けてお過ごしください。


11月2日
11月21日(日)にテンプルコンサートを久しぶりに開催する運びとなりました。箏と尺八による演奏を下野戸亜弓先生をはじめ三人の演奏による箏の調べと和の彩りを是非お聞きください。こころ洗われるひと時をすごしませんか。お抹茶つき入場券3000円と先生を囲む食事会付きの券8000円がございます。本堂で行うため先着100名とさせていただきます。お電話等でお問い合わせください。夕方より開演いたします。

:7月9日
第三回目の崇禅寺檀信徒親睦グランドゴルフ大会が8月22日に実施いたします。ゆかりの方々はじめ是非とも奮ってお申込ください。よろしくお願いいたします。石の上にも三年と申します。どんなことがあろうと歯を食い縛って懸命に続けていく。三年経つと自信も少しずつついてきますが、過信にならぬよう気を張ってこれからもしっかりと向き合っていきたいと思う今日このごろす。


:3月28日

過日の雪で鐘楼の屋根瓦が一部落下してしまいました。約200年以上たつ建物ですが、屋根は何十年前かに葺き替えたようですが…登って見るともう大分痛んでいるので、鬼瓦周辺の瓦は全部のせかえる工事となりました。また、本堂正面の松の木の一部が折れて落下し、庭の景観も少し変わってしまいました。北村栄三郎さんの協力で迅速に片付けができましたこと、感謝もうしあげます。

:2月11日
昨日、瀬谷るみ子さんの講演を聞く機会に恵まれました。紛争を世界からなくそうと日々努力している方です。お若くして人生を賭して係わりあえる仕事を懸命にしている姿は胸を打ちます。世界には今この時でさえ、信じ難い事実がたくさんあって…最近のわたしたちの悩みの小さいことといったら…もっともっと自分を信じられる人間にならなくてはいけないと痛感しました。日々是好日。日々是好日

:12月17日
七草かゆ会のご祈願を受付中です。ホームページからお申し込みいただけます。是非ご覧ください。崇禅寺では本物の七草が寺周辺ですべて揃います。来年もまた七草のお力を借りて一年間無病息災で過ごせるように、こころに誓いお互いに無事のありがたさに感謝したいものであります。お待ちしております。

:10月29日

去る二十四日に桐生門中会の役員方々にお集まりいただき、講演会を催しました。講師はザチョゼ・リンポチェ師に海外からおいでいただき、すばらしいお話と祝福をいただきました。大変好評のうちに終わり、皆様お喜びでした。そしてお世話になった福田様、野口ご夫妻には、この場をお借りして御礼もうしあげます。またご縁がありますように…

:10月14日
秋の紅葉の御開帳、崇禅寺燈花会が来る十一月二十二日、二十三日の午後五時半から午後9時までで開催致します。もみじご膳の予約も受付中です。おひとり2500円です。
 またそれに合わせて梅田の北条さまより池の錦鯉を沢山入れていただきました。まことにありがとうございました。大変優雅に泳いでおります。

:9月19日

最近、昔なつかしい方々と再会いたしました。今日はアメリカでご活躍の方と何十年ぶりかでお会いしました。お元気そうでした。人は縁によってさまざまな場所で生き、またつながりによって再会したりします。不思議なものです。ご縁のあるすべての方々の幸甚をお祈りいたします。

:6月5日
本日、石のゴダイさまのご協力により境内の庭全体に砂利まきすることができました。ありがとうございました。
 また昨日は花清さまから錦鯉をたくさん池に放してしただきました。大変な大物や綺麗な模様の鯉が泳いでいます。ご参詣のときは是非ご覧になって行ってください。また、石原重夫さまの協力により庭がいつも綺麗になっております。この場をお借りして御礼申し上げます。ありがとうございました。

:4月28日
研修道場のお手洗いを足のお悪い方のためにリニューアル致しました。とてもきれいになりました。皆様のおかげでございます。深甚より感謝しております。

:3月8日
七草かゆ会も無事円成いたしました。皆様のおかげでございます。また、お手伝いいただいた多数の檀信徒の皆様ありがとうございました。
三月はお彼岸です。町内の檀信徒の方々のお宅へ棚経に参ります。何卒よろしくお願いいたします。お留守のときは手紙をおいて参りますので、よろしくお願いいたします。
本堂に立ち焼香机が二脚まいりました諏訪貞次様のご寄付によるものです。お足の悪い方の為にとご寄付いただきました。ご厚情に深く感謝いたします。

:11月30日
縁(ゆかり)地蔵さまが無事開眼法要を終えて、皆様のおいでをお待ちでございます。また、ホームページを少々リニューアルいたしました。写真や縁地蔵さまの紹介など色々です。是非よく見てください。いよいよ七草かゆ会が近づいて参りました。ホームページからお申し込みいただけます。よろしくお願いいたします。

:10月9日
11月22日と23日の夜に、燈花会(とうかかい)を開催します。以前からの夜間拝観御開帳のことですが、燈花会と命名いたしました。真赤に染まった木々が映し出されたなかを、阿弥陀如来さまに会いにきてください。おいしいお抹茶がお待ちしております。
また、北条さん、近藤さんのご協力によりきれいな錦鯉が池に増えました。泳ぐ宝石と言われるように、本当に美しいです。餌が本堂前にございます。是非あげてみてください。近くに寄ってきてかわいいですよ。


:9月7日
お賽銭箱が盗難に遭ってしまいました。近年二回目です。本当に残念です。大勢の方々の浄財を思えば…できないはずですが…こころが痛みます。返してください。

:7月27日
檀信徒の神取憲治様より半跏地蔵様の石像をご寄付いただきました。ただいま本堂の前に仮安置しております。ご来山のときは是非よくご覧になってご参拝ください。秋には六地蔵よこに安置出来ると思います。報恩感謝のお気持ちに深甚なる感謝をいたします。ありがとうございました。


:5月28日
最近、本堂のまわりを廻る池に浄化装置をとりつけました。以前はにごっていた池も、透明になり、鯉も楽しそうに泳いでいます。この錦鯉は梅田の北条さんと、花清の近藤さんよりご寄付いただいた鯉です。本当に見事な鯉です。ありがとうございました。また、鯉の餌の箱を本堂前に設置しました。ご来山のときは餌をあげてください。よろこんで集まってきます。また、この度、本堂のなかの塔婆立てを相生町の今泉孝一様よりご寄付いただきました。大切に使っていきたいと思います。ありがとうございました。

:3月24日
さくらがいよいよ蕾をふくらませてまいりましたきょうこの頃です。
崇禅寺のお檀家さんに能面を造られている、波多野さんという方がいます。能面の里、越前にて能面公募展が行われました。見事に入選されたそうです。おめでとうございます。波多野さんは八百年の晋山式のときにも能面をご寄付いただきました。これからの益々のご活躍をご祈念申し上げます。

:2月8日

崇禅寺のイトヒバは桐生市の指定天然記念物ですが、県の指定をいただける候補として挙がったようで、専門の先生方々が見にこられました。その結果はもうそろそろ出るそうですが、決まり次第この場を借りてご報告させていただきます。おおくの皆様に親しまれる巨木になることを念願しております。

:1月1日
新年明けまして、おめでとうございます。除夜の鐘を衝き、行く年を反省しながら
新年を迎えました。新年を反省と共に迎え新年の新たな糧にしたいと思います。皆様のこの一年の幸せをご祈念して居ります。

:11月13日
紅葉の美しさに人間のはかなさを感じる今日この頃です。過日に以前の恩師にお会いしてきました。お痩せになっていて…病気でもう永くないとお聞きしました。しかし、病気と闘うのではなく、共に生きていくと話され、その時までしっかりやるんだと語られました。人の生命の繰り返しと、真っ赤に染まった葉に、時間的には違っても、同じなにかを感じてしまいます。ですからハラハラ落ちる葉に心あつくなるのでしょうか。

:10月28日
本日と来月18日に勤労奉仕日を設定させていただきました。檀信徒の皆様はどちらか一日のご協力をお願いいたします。夜間拝観御開帳では献灯していただける方を募集しております。竹の雪洞(ぼんぼり)を一灯づつ作成して阿弥陀様の参堂に建てさせていただいております。一灯三千円でございます。お申し込みお待ちしております。

:9月21日
いよいよお彼岸に入りました。多くの皆様がお墓参りをされると思います。ご先祖にその心が届きますように念願しております。崇禅寺では(株)水越さまのご協力により22日23日の両日お花とお線香の販売をしていただきます。また、23日には仏事や葬儀に関するご相談も受付中です。どうぞご利用ください。

:8月16日
この度、夏休みを利用して中学生が坐禅など、お寺の生活を体験したいと来山することになりました。話を聞きますと子供たち自ら体験したいということだそうです。自発的に自らと向き合う気持ちがあるということは、本当にすばらしいことだと思います。その志が、短い間の体験から少しでも心に残るようにと念願しています。すばらしい思い出となるようにこちらも精一杯務めたいと思います。

:7月16日
台風4号が一過してホッと一息付く間も無く、また地震に見舞われました。この近辺は特に大きな被害もなかったのですが、新潟、長野の直接の被害を受けられた方々に心よりお見舞い申し上げます。
 その地震がくる丁度そのときに、玄関先にムササビがやってきました。まだ子供のようで小さくてかわいい姿が印象的でした。十年前に初めて見かけたのですがそれ以来の出来事でした。

:6月10日
ウォーキングに参加した方にお配りした、金剛杖を販売しております。六尺の長さ、約四cmの太さ、金色の鈴つき、崇禅寺の焼印と歩々起清風の焼印が入っております。好評で是非分けていただきたいという問い合わせに、答えさせていただきました。価格は一本千円です。お電話かホームページにてお問い合わせください。よろしくお願い致します。

:5月5日
創立三十周年記念事業の  自然と歴史に学ぶウォーキング  も本日無事に終了致しました。汗ばむ陽気で御参加の方々は大変であったかと思っております。また、本当に多くの方の手を差し延べていただきましたことでお怪我の方もなく、喜んでおります。また、各後援団体や各協会、マスコミ関係の方、御来賓の方、本会役員各位、護持会有志の方々等に深甚なる感謝をさせていただきたいと思っております。ありがとうございました。

:4月30日
自然と歴史に学ぶウォーキングのお申し込みは終了致しました。沢山の方のご参加ありがとうございました。当日はお気を付けておいでください。

:3月30日
本年五月五日(子供の日)に  自然と歴史に学ぶウォーキング  を開催することが決定致しました。崇禅寺の自然を守る会‐創立30周年記念事業としてのものです。申し込みは公民館等にございます葉書を使ってください。または、このホームページのお問い合わせに申し込み希望と書いて送ってください、連絡いたします。是非お早めにお申し込みください。先着順で締め切りさせていただきます。

:2月16日

本年五月五日(子供の日)に  自然と歴史に学ぶウォーキング  を開催することが決定致しました。崇禅寺の自然を守る会‐創立30周年記念事業としてのものです。開基智明上人の足跡を当時を偲んで歩き、自分を見つめ直すウォーキングを行います。詳細は決定次第お知らせ致します。

:1月8日
七草の様子が上毛新聞、産経新聞、読売新聞、日刊きりゅう、桐生タイムス等で紹介されました。またテレビ各局でも放送されました。ご覧いただければ幸甚です。マスコミ各位におかれましは取材等、誠にありがとうございました。

:12月7日
渡良瀬通信の方が取材に来てくれました。一月号に崇禅寺と无量庵が掲載されるそうです。両毛地域の公共機関等に置いてあるそうです。是非ご覧ください。

:11月17日
上毛新聞や桐生タイムス、朝日ぐんま、等で御開帳の記事が掲載されました。またFM群馬にも紹介されました。御高覧いただければ幸甚です。

:10月30日
崇禅寺の自然を守る会30周年記念事業の一環として如来堂の地名の由来を残すため、桜塚に記念碑を建立し、大勢の関係者にかこまれて本日除幕式が行われました。場所は相生町一丁目のヤオコー交差点を桐生競艇場方面に向かって一つ目の信号の右側です。上毛新聞と桐生タイムスに掲載されました。詳しくはそちらをご覧下さい。
:11月22日 23日
崇禅寺夜間拝観御開帳(ライトアップ崇禅寺)を実施します。
和菓子抹茶付きの拝観券五百円です。琴の演奏がございます。また、
献灯してくださる方も募集中です。灯明を阿弥陀様に供えてください。
一筒三千円です。お問い合わせかお電話ください。券を送ります。
:10月8日
富山大学、松浦正昭教授の講演会を行います。演題は当寺本尊阿弥陀如来像
と鎌倉仏教美術についてです。参加希望の方はお気軽にご参加下さい。
:8月14日
お施餓鬼法要を11時から行います。お昼の用意もございます。
お時間までにお集まりください。
:8月13日
お盆迎え火です。午後4時までにご参詣ください。
:8月6日
午前8時から、墓地一斉清掃です。除草剤は使わないでください。
:5月5日

第二十九回崇禅寺の自然に親しむ集いを開催。
本会の活動事業を通じて心のふるさとの提供の一助にもなることを願い、新緑の風薫るさわやかな一日の集いにご清遊くださいますようご案内申し上げます。




  臨済宗 建長寺派 萬松山 崇禅寺
 


所在地
電 話
交 通








/桐生市川内町2丁目651
/(0277)65−9422
●東武電車浅草から1時間50分
  新桐生下車タクシーで10分
●JR両毛線桐生駅から車で10分
●上毛電鉄西桐生駅から車で10分
●関越自動車道東松山・熊谷経由60分
  前橋インターから車で50分
●東北自動車道・館林・佐野インターから
  車で50分

 

群馬県指定・崇禅寺緑地環境保全地域
群馬県指定重要文化財・本尊阿弥陀如来像
群馬県指定天然記念物・崇禅寺のイトヒバ

御来山を心よりおまちしております。


Copyright (C) 2006 臨済宗建長寺派 萬松山 崇禅寺. All Rights Reserved.